アメックス プラチナ

アメックス(AMEX)のプラチナカードをゲットしたい!
AMEXプラチナ狙うならこのカードが最短です!

アメックスのプラチナカードを取得するための近道がココにあります!

アメックス(アメリカンエキスプレス)とはアメリカなどで広く使われているクレジットカードです。

 

年会費が他のクレジットカードと比べて高額なため、カード社会のアメリカ合衆国でもステータスの高いカードと認識されています。

 

もちろん、高額な年会費を支払うだけの価値があるサービスを受けることができるので、多少年会費が高くても人気があるのは、ある意味当然といえます。

 

通常のアメリカン・エキスプレス・カードで受けることができるサービスさえ、レストランやホテル、空港ラウンジなど海外旅行者にはとても便利で嬉しい特典がいっぱいですから、度々海外へ行く機会のある人は、一般のアメックス1枚持っているだけでも、とても便利だと思います

 

アメックスのプラチナカードもまずはここから

 

けれどアメックスは日本では使えるところがまだまだ限られている状態なのも事実です。

 

もしも日本国内だけで使うことを前提にするなら、他のクレジットカードが良いかもしれません。

 

それでもアメックスには独自の魅力がありますから、ぜひ持ってみたいと思う人はセゾンなどと提携しているカードを持つことで、年会費を抑えてカードを持つことができます。

 

もちろん日本でも色々なサービスを受けることができますから、サービス内容を確認して、自分にメリットがある!と感じるのであれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

アメックスのようにステイタス性を感じることができるクレジットカードなんてそうありません。

 

持っているだけで優越感に浸れるほど人気の高いカードですから、しっかりとチェックしておきたいですね。

当サイトからの申込上位カード一覧

1位
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスのプラチナカードを目指すなら、まずは一段下のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの取得が必須です。なぜなら、所有者のみがプラチナへのインビテーションが期待できるからです。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはアメリカン・エキスプレス・カードの2倍以上の年会費がかかりますが、専門の会員誌提供サービスなど内容は大きく異なります。また取得難易度も高い分、ステータス性も他の提携カードやアメリカン・エキスプレス・カードをはるかに凌ぎます。


アメックスゴールド

年会費 家族カード オススメ度
29,000円+消費税 12,000円+消費税 評価5
2位
アメリカン・エキスプレス・カード

とにかくアメックスのプロパーカードが持ちたいなら、まずはアメリカン・エキスプレス・カードの取得がおすすめ。年会費も12,000円(税別)とゴールドカードよりも現実的な価格なのは嬉しいポイントです。ちなみにアメックスのスタンダードであるアメリカン・エキスプレス・カードでも他のクレジットカードの上位カードと同レベルです。アメックスの抜群の知名度とステータス性は所有した者だけが味わえる特権です。ここからステップアップを目指すのも○です。


アメックス グリーンカード

年会費 家族カード オススメ度
12,000円+消費税 6,000円+消費税 おすすめ
3位
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

空港系提携カードの中でも、マイル紹介メディアで特に評判の高い全日空とアメックスが提携したANAアメリカン・エキスプレス・カードは、とにかく特典に注目!なんといってもこのカードに入会するだけで、ANAグループ便を利用するだけでボーナスマイルの獲得が可能!特に出張等でANA便を利用される方ならマイルがモリモリ貯まります!その他にも、空港ラウンジ(同伴1名まで無料)サービスやのショッピング・プロテクションやオンラインプロテクションなどセキュリティ面も万全なクレジットカードなので長期に渡って活躍してくれます。


ANAアメックスゴールド

年会費 家族カード オススメ度
31,000円+消費税 15,500円+消費税 評価4.5
4位
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

プロパー提携カードの中でスカイマイルがガンガン貯まるカードといえば、このデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。スカイマイルといえば、有効期限がないマイルとしても人気。さらにデルタ航空で使えばゴールドカードならポイントがなんと3倍貯まります!。そしてなんといっても最大の注目は、デルタ航空スカイマイルの上級会員資格「ゴールドメダリオン」の取得です。優先搭乗や100%のメダリオンボーナスマイル、世界各地のスカイチームラウンジの無料利用など、数々の特典がカードを取得するだけで手に入れることができるのは非常に大きなメリットです。


AMEX Sky Traveler Card

年会費 家族カード オススメ度
26,000円+消費税 12,000円+消費税 星4.5
5位
《セゾン》プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはアメックス提携カードの中で唯一「インビテーションなし」で取得可能なクレジットカードなので狙い目です。もちろんAMEX提携のプラチナカードでもセゾンの永久不滅ポイントは健在!さらに、プラチナカードにしては手頃の年会費とセゾンをならではの特典というバランス良いクレジットカードなので、初めてのアメックスカードとしても推奨できます。あえて欠点を挙げるなら、プロパーカードにあるようなステイタス性はあまり期待できないということで☆ひとつ減らしました。


セゾン・アメックスゴールド

年会費 家族カード オススメ度
20,000円(税別)
(年間200万以上ご利用で次年度年会費が10,000円(税抜))
3,000円(税別) 星4つ

持つ人を選ぶ アメックス(AMEX)プラチナカード

選ばれしクレカ AMEXプラチナカード

 

アメックスのプラチナカードは、アメックスからの招待状が来た人のみが得ることができるカードです。

 

そのため、詳細はあまり明らかにされていません。年会費も非公開とされていますが、およそ13万円程度ではないかと言われています

 

ゴールドカードを持っている優良会員に対して招待状が送られるようですが、ごくまれにグリーンカードからもアップグレードしている人もいらっしゃいます。

 

これほど高額な年会費を払わなければならないのに、それでもなお憧れる人が多いだけの魅力がこのアメックス プラチナカードにはあるんですね。

 

ではクレジットカード機能のほかに付帯されているサービスはどのようなものなのでしょうか。

 

もちろん正式には非公開とされているのですが、ゴールドカードの上のクラスとされているのは間違いありませんので、ゴールドカードで受けられるサービスものは、最低でも受けることが可能だと考えて良いと思います。

 

さらに、プラチナカード会員のみ利用可能なサービスが用意されているのが特徴。

 

高額な年会費を支払ってもアメックスのプラチナカードを手に入れたい人はたくさんいらっしゃいますが、実際には、なかなか招待されないのもまた事実。

 

やはりブランドの名前を汚さないよう、それなりの人ではないと、プラチナカードの招待は届かないんでしょうねぇ。。

 

手持ちのカードのランクアップを目指している人は、自身の信用と実績を積み上げて、いつかアメックスのプラチナカードを入手できるように頑張ってください!

 

間違いなく、アメックスのプラチナカードをゲットできれば周りに自慢できますから(笑)

 

でもプラチナを持てるような人は、きっとそんなショボい事はしないのでしょうね!

 

リンクボタン

アメックス プラチナの気になるインビテーションについて

プラチナカード取得にはひたすらインビテーションを待つ

 

アメックスのプラチナカードは、基本的に招待制です。

 

その為、ひたすらインビテーションを待つことになりますが、大体の基準とかが分かると、カードを使う気も湧いてくるんじゃないでしょうか!?

 

まずはプラチナのインビが送られてくる為に、どのような要素がポイントになるかをご紹介したいと思います。

 

年収(収入)
クレジットカードを作る時には重要視される年収や収入も、インビテーションにはあまり関係ないといえます。
なぜなら、カード申込時と今現在の年収や収入は、違っているのが当たり前だからです。
もちろんそれを調べる術もありませんしね。もし調べたら、プラチナのインビを送りますよとバレちゃいますから(笑)
 
カード利用金額
これは『最重要』と言っていいと思います。
ポイントは、とにかくどんなに小さな金額でも必ず「アメックスで決済」すること。
そして、毎月こまめにカードを使うことです。何ヶ月も使わない月があるとプラチナのインビテーションは遠のく可能性が。。
もちろん利用金額は大きい方がいいですが、月に何十万も使えないからといって、アメックス プラチナの道が遠のくわけではありません。
具体的な利用金額は明記されてないのでブラックボックスですが、とにかくこまめに利用し、できれば公共料金や携帯電話代などの引き落としもAEMXに移行できれば最高です。
 
国内・海外利用比率
アメリカン・エキスプレスはアメリカの会社ですので、必然的に海外での利用を想定したサービスが充実しています。
まさにグローバルなクレジットカードがアメックスの特徴ですが、プラチナカードのインビテーションを狙う場合、やはり海外での利用が多ければ、それだけ可能性が上がるのでしょうか?
これも正解は明示されていませんので、あくまで想定ですが、多少有利になる可能性は否定できませんが、海外で全く利用していないアメックスユーザーでもインビが届いたという実話もあります。
ですので、海外は殆ど行かないからアメックスが使えなくても、プラチナカードのインビテーションが届く可能性は十分にありますのでご安心を!

 

以上、主な3つのポイントを挙げてみましたが、とにかく今の年収や収入はまず関係ありません。

 

当然、職業もカード申し込み時と比べると変わっている方もいらっしゃるかもしれませんが、それもさほど関係ありません。

 

ただ、これはあくまで「インビテーションが届くかどうか」という話の上でのことです。

 

実際にインビが届いて、プラチナカードへの申し込みをしたら審査に否決された。。。という話も実際にあるんです(汗)

 

でもそれは余程のことです。そんなにビビる事はありません(^^

 

だって、アメックス側からすれば、プラチナカードにしてもらってさらにカードを使ってもらえるような属性の人にインビを送って来るわけですから、余程のことがない限り、最後の最後で否決されるなんてまずありませんから!

 

まあ、実際にあった話によると、インビが届いてから審査を受けている間、金融事故があった方が否決されたみたいですね。。

 

おそらく、カードの引き落とし事故か他のローン(例えば携帯本体の割賦代金)などの残高不足とか、その辺が怪しそうですが。

 

とにかくアメックス プラチナのインビテーションを目指して、積極的にカード決済を心掛けてください。

 

コンビニでお菓子やおにぎりを買うときもアメックスで決済ですよ!!

 

リンクボタン

プラチナカードならではの特典とメリットとは

AMEXのプラチナカードといえばコンシェルジュサービス

 

アメックスのプラチナカードには、一般のグリーンカードやゴールドカードより魅力的な特典が満載です。

 

そんな数ある特典から、個人的に利用価値の高いものを幾つかピックアップしたいと思います!

 

プラチナ・コンシェルジュデスク
なんといってもプラチナカードならではの特典といえばコレ。
「NOと言わないサービス」で定評のアメリカン・エキスプレスのコンシェルジュサービスを受けたいがために、わざわざプラチナカードに移行する方は少なくありません。
多少無茶な要望でも答えてくれるプラチナ・コンシェルジュデスクは24時間365日、通話料無料で対応!
 
各種チケット手配
こちらもコンシェルジュサービスに関連したものですが、各チケット手配が電話一本で可能です。
特にアメックスが押さえているチケットなどは優先的にゲットできるのが嬉しいポイント。ただジャニーズ(例えば嵐など)のチケットなど本人確認が必要なチケットだと入手は無理です。
自分でチケットを取るのは意外と面倒なので、これは嬉しい特典ですよね。
 
空港ラウンジが無料になる!プライオリティパス
アメックスのグリーンカードやゴールドカードにも付いている【プライオリティパス】ですが、こちらの2つのカードの場合、年間3回以上の利用になると『有料』になってしまいます。。
しかし、プラチナカードのプライオリティパスは3種類あるグレードの中でも最高の【プレステージ】なので、何回でも無料で空港ラウンジが利用可能!
 
メンバーシップ・リワード・プラスが無料
アメックスで貯まったポイントをマイルに移行する際に必要な【メンバーシップ・リワード・プラス】。通常、年間3,000円+消費税がかかりますが、プラチナホルダーの方は無料!
プラチナカードですと結構ポイントが貯まりますので、ひょっとしたら、何もしなくても海外旅行への航空券がゲットできちゃうかもしれません!?
 
クレカ最高レベルの旅行傷害保険
アメックスのプラチナカードの保険は、数あるクレカの中でも充実度は最高レベルです。
しかも、本人や家族はもちろん、家族カード会員の家族にも保険が適用されます。
(例:自分の子供が家族カード会員なら、子供の家族全員も保険の対象になる)
もちろん国内・海外問わず利用可能。海外で一番必要な医療費は、充実の1,000万円!
しかも本人だけでなく家族も同じ金額の保険が適用されます。

 

また、プラチナカードならではの上質な特典である、ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)も見逃せません!

 

FHRの主な特典
チェックイン時の空室状況につきより、12:00よりチェックイン
チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード
ご滞在中の朝食をサービス(2名様まで)
チェックアウト時間の延長(16:00 まで)
各ホテル オリジナル特典

 

この中でも特に「客室アップグレード」は注目!

 

プラチナカードを取得されるような方は、元々それなりのグレードの部屋を予約すると思いますが、タイミングが合えば、ホテル内で最高峰の部屋にアップグレーも!?期待できるのです☆

 

実際、あるプラチナカード保持者は日本で300万円以上も得する客室アップグレードを体験しています(驚)

 

このように、アメックスのプラチナカードには高額な年会費を十分ペイできる特典が満載です。

 

ちなみにプラチナ専用の特典は随時追加されていきますので、自分が入会した時には、更なる特典が追加されていると期待していいでしょう!

 

リンクボタン

アメックス プラチナカードを取得するまでの注意点

アメックス プラチナ取得までの注意点

 

AMEXのプラチナをゲットするためには、それなりに注意すべきポイントがあります。

 

例えば、カード保有期間

 

さすがに、アメックスのグリーンやゴールドカードを持ってスグにはインビテーションは届きません(^_^;)

 

保有期間には色々と言われていますが、個人的には最低でも1年間は同じカードでこまめに決済を心掛けて、プラチナインビを待ちたいところです。

 

また、これは主に個人事業主やフリーランスの方にありがちな事なんですが、自分の仕事用の経費を個人のアメックスカードで決済するのは控えたほうがいいと思います。

 

法人の方なら、ちゃんと法人カードを持っておられる方が殆どだと思いますし、引き落とし口座も会社名義なので全然問題ないのですが、個人事業主やフリーランスだと、ビジネス用に利用している銀行口座でも個人名の方が多いと思います。

 

そこに個人用のカードで色々と経費を決済していると、個人なのか事業用なのか判断が難しくなるので、アメックスに限らず、個人と事業用経費に使うクレジットカードは、必ず分けるようにしましょう。

 

ただ、逆に言えば、アメックスのグリーンカードやゴールドカードでもビジネスカードは存在しますので、そちらで経費決済を続けていけば、今度は「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」のインビテーションが期待できるようになります!

 

ビジネスカードでもアメックスのプラチナカードは存在しますので、自営業の方はそちらを狙っていくのもおすすめです。

 

もちろん法人での利用も可能。

 

最後の注意点として挙げたいのが「信用情報」です。

 

これはクレジットカードの審査では、とても重要な役割を果たすものですが、この信用情報については、常に気を配って、カード運用を行わなければいけません。

 

信用情報について一番やってはいけないのが『支払いへの遅延』です。

 

よくありがちなのが、カード引き落とし金額の残高不足!

 

これは本当によくやってしまいがちなので、常に来月支払うべき金額をチェックし、事前に「余裕を持って」口座に入れておくようにしてください。

 

個人的におすすめなのが、アメックスの引き落とし専用口座を作ることです。

 

専用口座なら、他の引き落としがありませんので、ここに最低でも3ヶ月~半年くらいの引き落とし予定金額を入れておけば、「ついうっかり」という理由での残高不足を防ぐことができます。

 

本気でアメックスのプラチナカードを狙うなら、面倒でもこういった事に気をつけることが重要です。

 

また、当然ですが、信用情報は何もアメックスのカードだけではありません。

 

アナタが保有している他のクレジットカードはもちろん、カードローン等を利用されている方や携帯電話の割賦代金等、ローン決済でモノやサービスを購入されている方は、特に注意してください。

 

個人的には、クレジットカードの持ち過ぎは、総量規制にも関係してきますし、あまりカード会社にも良い印象は与えないので、本当に使うカードだけを絞って持つことが大切だと思います。

 

毎月の引き落としができなくなる事だけは避けつつ、こまめにアメックスのカードで決済していくことが、プラチナカードへの確実な道のりだといえます。

 

ちなみにアメックス プラチナへの招待は、グリーンカードでもゴールドカードでも、どちらのカードからでも届きますので、とにかく今持っているAMEXのカードを大切に運用していきましょう。

 


アメックス プラチナ TOP カード一覧 プラチナカード取得なら 年会費を抑える 特典重視のアメックスカード