ダイナースクラブ 家族カード

MENU

ダイナースクラブの家族カードとは

ダイナースクラブカードは、今でもプレミアムクレジットカードとして認識されているカードです。

 

それは利用者にとって信頼の表れでもあり、審査基準の高さが必然的にカードを持っていることの価値を高め、ステータスカードとなるほどまでになったという経緯もあります。

 

ちなみに現在のダイナークラブカードの入会資格は27歳以上というのが一つの目安のようです。

 

そして、ダイナースクラブのカードには家族カードというものも存在します。

 

家族カードはダイナースクラブカードを持っている個人会員の方の配偶者、両親、18歳以上の子供であれば、利用したいカードの年会費さえ払えば所持することが可能です。

 

ちなみに家族カードの年会費は以下のようになっています。

  • ダイナースクラブカード・・・5,000円(税抜)
  • ANAダイナースカード・・・6,000円(税抜)
  • JALダイナースカード・・・9,000円(税抜)
  • デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード・・・9,000円(税抜)
  • MileagePlusダイナースクラブファースト・・・9,000円(税抜)
  • MileagePlusダイナースクラブカード・・・9,000円(税抜)
  • ニューオータニクラブ ダイナースカード・・・5,000円(税抜)
  • BMW ダイナースカード・・・7,000円(税抜)

※ダイナースクラブ ビジネスカードの場合、家族カードはお申し込みいただけません。

※プレミアムカード、銀座ダイナースクラブカードの家族会員の年会費は無料です。


受けられるサービスの多くは個人会員の方と同様で、最高で1億円までの旅行傷害保険や、空港ラウンジの無料利用など、さまざまな優待制度が整っています。

 

家族カードの利用で発生したポイントはダイナースクラブの個人会員のポイントに合算されるため、ポイントをためてカードを有効活用したいと考えておられる方にとってもメリットのあるサービス内容となっています。

 

ダイナースクラブカードを持っていて、かつご家族で旅行をする回数が多い方、飛行機の利用回数が多い方などにとっては、十分年会費分のサービスを受けることができると考えられますので、家族カードとは上質な旅を求めることもできるカードと言えるのではないでしょうか。

 

このページの先頭へ