ダイナースクラブ 加盟店

MENU

ダイナースクラブ加盟店の傾向

加盟店の多さは、そのクレジットカードの使い勝手を物語ります。

 

たとえば全世界で60%近いシェアを誇るVISAカードは、加盟店数の圧倒的多さにより海外でも使いやすいカードの一つと言われていますね。

 

ではダイナースクラブの加盟店の傾向はどのようになっているのでしょうか。

 

もともと、ダイナースクラブのカードは年齢や年収など、審査基準が厳しく、利用者が富裕者層に限定されていると言われているクレジットカードです。

 

かつては勤続年数といった社会的経験も審査の対象として、信頼に値するかどうかを細かく審査されていました。

 

持つ方が限られているカードであるということは、世界的にシェアの大きいカードと比較した場合、どうしても利用できる場所は少なく感じられたこともあるでしょう。

 

実際に、決して利用できる場所がが多いとは言えません。しかしダイナースクラブのブランド力は世界共通で、加盟店もその傾向に従います。

 

つまりほかのカードでは利用できないような大中規模の小売店、高級店が、優待制度といったサービスを提供してくれているのです。

 

ダイナースクラブが世界的に見て社会的価値があると判断された方しか持つことができないのですから、この傾向にも納得がいきますね。

 

近年ではJCBと国内提携を結んでおり、JCB加盟店でもダイナースクラブのカードが利用できるということも増えてきました。

 

実際、当サイト運営者であるナスオ自身も、ダイナースクラブカードを色々なお店で使っていますが、まだ一度も「使えない」と断られたことはありません!

 

個人的には、普通のショッピングやレストランなどで利用するのなら、まずVISAやマスターカードなどと同じような感覚で使えると思います。

 

もともとの価値を維持しながらも、今後ますます国内外での利用勝手がよくなることが期待されています。

 

このページの先頭へ