AMEXプラチナカードランキング

AMEXのプラチナカードを狙うなら

AMEXのプラチナカードを狙うならこちらのカードをゲット!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 家族カード ETC・電子マネー等
26,000円+消費税 12,000円+消費税 ETC有り

アメックスのプロパーカードでプラチナを狙うなら、まずはゴールドカードから手に入れるのが基本です。ゴールドカードで実績を作っていけばプラチナカードへインビテーション(招待)されることでしょう。もちろんゴールドカードでも、ステータス性は各提携カードよりも群を抜いています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFG AMEX プラチナ
年会費 家族カード ETC・電子マネー等
20,000円(税別) 1人目無料、2人目より3,000円(税別) Edy・ETC有り

プロパーのプラチナカードの約5分の1の年会費で持てる、MUFGのアメックス・プラチナカードは高級感漂うカードフェイスも人気のポイント。プライオリティパスやコンシェルジュサービスなど、プラチナカードにふさわしい機能に加え、家族カードが一人目は無料とかなり嬉しい特典も見逃せません。プロパーカードではなかなか増えない利用限度額もこのカードなら一気に倍になっという報告もあり。満足度が高いプラチナカードです。

《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 家族カード ETC・電子マネー等
10,000円(税別) 1,000円(税別) iD/QUICPay・ETC有り

アメックスならではのきめ細かいサービスと、永久不滅ポイントでおなじみセゾンカードのサービスが融合した便利なカードです。こちらもゴールドカードで実績を作ればプラチナカードへの招待が待っています。プロパーカードよりプラチナカードがゲットしやすいのも見逃せないポイントです。

《セゾン》プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 追加カード ETC・電子マネー等
20,000円(税抜)
(年間200万以上ご利用で次年度年会費が10,000円(税抜))
3,000円(税抜) iD/QUICPay・ETC有り

現在、新規申し込みでamexブランドのプラチナカードがゲットできる数少ないカード。ビジネスカードといってますが、経営者はもちろん、一般の会社員でも取得可能な点は見逃せません。24時間対応のコンシェルジュサービスがこの年会費で利用できるのは要注目。また、年間利用200万円以上で次年度半額にるのもうれしいですね。


アメックス プラチナ TOP カード一覧 プラチナカード取得なら 年会費を抑える 特典重視のアメックスカード